THE ZAKKI

ザッキ

卍Twitterとかいううんちアプリマジ一生使わんわ卍

 今の今このブログを文字数制限ゆるいTwitterとして使っているけど,なんか色々な点でTwitterて本当にうんこなのではと感じてきた。

 

 まず1ポストの規模が小さすぎる。140文字とか要約の練習にはなりそうだけどそれがポンポン排出されてTLに埋もれてくんだから価値のある情報がゴミ情報に埋もれていってしまう。Twitter言論人(きしょい......)のツイートはしょっちゅうスレッドを形成してるけど,実際埋もれるから読まん。ついでにそういう単位で情報を扱うようになるから実生活上でも認知的に悪い癖がつきそう。

 

 そんで誰とでも遠慮なしに繋がれる。この「れる」は可能ではなく受け身。思ってもいない所からクソ(空)リプが飛んできたり,頭おかしい奴の場合引用してくる。マジそんなにお前らとのネットコミュニケーション求めてないからおとなしく見るだけにしといてくれ。

 

 上の特徴のせいで地獄が生まれる。バズったツイートにはよく地獄のリプライツリーが生えている。誰だって表現の自由はあるんだからそれを否定することはできないが,Twitterは先行して拒絶ができないので一日に遭遇する瑣末なストレスの絶対量が大きくなる。ちりも積もれば何とやらなのでこれは本当にどうにかされるべきだ。

 

 あとこれは良いところでもあるのだが,承認/被承認のハードルが極端に低いので,自分の承認された感覚の閾値がバクアゲになる。これが一番まずいかもしれない。「わさらー団」とかでサーチしてみるとわかりやすい。 承認感覚の閾値が上がることで,現実の小さな承認=小さな幸せで満足するのをモードにするんじゃなく,TLに内輪ネタか自虐ネタかとにかくネタ吐いて手っ取り早いかき集めたら多量になる承認を求める癖がつく。よくない良くない。

 

 とにかくTwitterは上記のような理由(実際この423986579432倍はありそう)から百害あって一利なしネットワークなんだが,どうにもやめられない。それは結局現実に参加するReadinessが未熟だからかもしれない。SNSがある時代に生まれた(受け身)のが運の尽きだったのかもしれない。クソクソクソクソ💩 俺を00年代インターネットに戻してくれ